2005年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.06.21(Tue)

光に包まれて

一線を越えてから。撩の独り言。
早朝、撩の部屋のベットで一緒に眠る香を見ながら考えてる事かな?
腕枕してるところを妄想してみてください・・・w



ふと・・・朝早く目が覚めることがある。
俺がまだお前の気持ちに応えてやれなかったあの時は
寝顔見てるだけで、触れることも出来ず辛かったが・・・
今はすることがあるんだ。

横ですやすや気持ちよく眠るコイツの寝顔を眺めて
たまにキスしたり、頭を撫でてやったり。
コイツ鈍感娘だから、こんくらいで起きなくて好都合なんだよな。

コイツが起きてないときに何でも言ってるんだぜ。

「愛してる」
「好きだ」
「可愛いなあ」
「撩ちゃんはお前のものだぜ」

色々耳元で囁いてやってるんだ。
そりゃ濃っ恥かしいけど、寝顔見てると言いたくなっちまう。

それにコイツも前と変わったことあるんだ。
そう、寝言が変わった。

「りょ~・・・もうエッチ・・・」
「も~やだ・・・やめて・・」
「好き・・・」

昔のような汚い言葉遣いじゃなくて、なんか色気のある寝言に変わったんだよな。
これも俺のおかげか?な~んてなっ

こんなにも心が温かく包まれているのは、初めてのことで。
いつまでも続けば良いな・・・



はい!今回も短いので挿絵なしw
拍手、コメント、メールでの感想お待ちしてまーす♪
辛口はおよしになってね(*´ω`*)
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説(二次創作) - ジャンル : 小説・文学

タグ : シティーハンター 二次小説

21:47  |  ◆CH小説(原作設定)◆  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。